写真加工に関する情報が満載!

こんなに変わる写真加工

写真加工のコツはやり過ぎないこと

写真加工のコツは、できるだけ自然な雰囲気に仕上げるということです。
画像編集ソフトの機能には簡単に調整や修正できるものが多く揃っていますが、それらを全部使ってしまうと不自然な写真に仕上がってしまいます。
簡単だからといって使いすぎるのではなく、基本的なものを効果的に使うようにします。
写真をはっきり見せるために使いたいのが、シャープネス機能です。
これは画像のピクセルを鋭角化させることで、くっきりと見せる効果があります。
ピント合わせに失敗した時やぶれてしまった時などに使うと、見られる写真加工が可能になります。
ぼんやりした印象も変えられるので、写真の質を上げたい時に使うと便利です。
写真加工では、コントラストやトーンカーブなどの機能も使いこなしましょう。
これらは画像のメリハリを調整できる機能で、明暗差が激しくなった箇所の修正や露出の失敗を直すことができます。
コントラストはスライダーを動かして全体的な明暗差を調整します。
トーンカーブは暗い部分と明るい部分の両方を細かく調整する際に使うのがコツです。

コツを知ると写真加工で成功しやすくなる

プリントアウトする前に写真加工を行う際には、必ずと言っていいほど頭に入れておきたいコツがいくつか存在します。
そのコツというのは、写真加工する元々の素材のバックアップを作成しておくことです。
少しの操作の違いで写真加工の結果は大きく変わってしまいがちなので、どのような状況が発生しても最初から作業を再開することができるようにしておくのです。
可能であれば、外部記憶装置に写真加工の元データを保存しておくことが望ましいです。
作業をしている最中にどれが元データであるのかが分かりにくくなったときに、万が一のことが発生する事態を防ぐためです。
写真加工では間違いを恐れながら作業していると、工程が先に進みません。
石橋を叩いて渡るような作業スピードでは、数多くの操作をともなうツール操作に莫大な時間がかかるからです。
そのため、元データのバックアップを作成しておくというコツを知り、素早く確実に作業を行うように準備することが肝心です。

check

2016/6/16 更新

COPYRIGHT(C) こんなに変わる写真加工 ALL RIGHT RESERVED